FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の独り言

挽夏の候 まだまだ寝苦しい夜が続いておりますが、皆々様におかれましては如何お過ごしでしょうか?

東京では大きなイベントが開催されておりますが、お盆時期はイロイロとやる事が重なり身動きが取りづらく今年も指をくわえて眺めるだけとなっております。
そ~いえば1か月ほど前に海のイメージでジオラマを作っておきながら“全貌はそのうちにでも”と言いつつ写真をアップしてなかったので、広告回避がてらのお目汚しを…

20180817_001.jpg

う~ん…もぅ盛夏はとっくの昔に過ぎてしまっておりますが(笑)

過日のイベント時にお客様との雑談で
『ジオラマってベース(土台)に何を選ぶか悩んでいる時が一番楽しい瞬間かも?』というお話をしていました。
ナ・ル・ホ・ド♪ ワタシも同じです。

100円ショップや蚤の市なんか行っちゃったら、そりゃ…もぅ…散財しまくってしまうよね(汗)的な会話です。
ジオラマは作らないけど車両工作がお好きな方は“車両ケース”が悩みドコロで、市販のケースで済ませば良いんだけどツイツイ探してしまう…なんて仰っていました。
たかが“入れ物”されど“入れ物”なんですよね(笑)

上記の海ジオラマは入れ物に貝のカタチをしたガラス皿を使いました。
個人的願望が強い?仕上げになっているのは多分気のせいです。

お盆が過ぎ、そろそろ軽便祭に向けて“オモイ腰”を上げないとイケナイこの時期ですが、秋に飾っておけるミニジオラマを作らないといけないなぁ~と思いつつ、かき氷をほおばっているキロハユニでございます。



熊野市で工作体験

アツ~い夏休みがスタートいたしましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
連日の38度越えに参っているキロハユニでございます。

過日に熊野市紀和鉱山資料館で開催されました“海岸を作ろう”(夏休み工作教室)にご参加いただいた皆様には心より厚く御礼申し上げます。
工作内容がチョッピリ独特なので一度に多人数様をご指導する事が困難な事から参加組数を少数とさせて頂いております。
惜しくも参加出来なかった皆様には誠に申し訳なく思っております。
昨年に引き続き、ご協力頂いております熊野市教育委員会様のご理解に甘えて、講師一人に付き最大2~3組のご指導とさせて頂いております旨をご理解頂ければ幸いでございます。 m(_ _)m

高倍率の参加枠にも関わらず、御参加頂いた“かわいい生徒さん達”の製作現場を少しだけ皆様にご覧頂こうと思います。
20180723_001.jpg
御参加頂いた皆様には↑このような作品を約1時間強で作って頂きます。
工作教室では説明→工作→鉱石採取体験→鉱山資料館見学→仕上げ作業となるので述べ3時間のコースではありますが、実際の工作時間は概ね1時間30分程度となります。
20180723_002.jpg
↑写真の状態に仕上げるのは講師である枝川製作所さんとキロハユニの漫談(説明)を加えても約40分です。
小学校の授業“1時間分”でココまで仕上げて頂いております。
この状態にして頂いてから鉱石採取体験へGO!となります。
20180723_006.jpg
炎天下+猛暑=熱中症の懸念もありますが、この後の仕上げ作業に鉱石を使用しなければいけないので生徒さんは真剣です。
資料館見学で火照った体をクールダウンして頂いてから仕上げ作業となるのですが…
20180723_003.jpg
ご覧ください(^^)
20180723_004.jpg
生徒さん全員真剣です。
親御さんは写真撮影に真剣です(^^)
中には『ウチの子がこんな真剣な顔して勉強している姿は初めて見ます』と仰る親御さんが大半なんです。
実は我々(講師二人)も予想外の真剣な表情に圧倒されそうになる位ですから、子供の集中力と創造力には毎回ビックリしております。
来年の夏休みも開催予定なので、工作技法の詳細はヒ・ミ・ツ(はぁと)にしておきますが、海の部分の色は3色の塗料で表現しているんですよ。
少し難しい言葉を使えば“減色法の混色”なんですが…専門的なオハナシは退屈になるので(笑)最後の写真“未来のモデラーさん達のかわいい笑顔”で癒されて下さいマセ。
20180723_005.jpg
(ご参加いただいた皆様の許可を頂いて掲載しております)

末筆となりますが、ご参加いただいた皆様と熊野市教育委員会様には心より厚く御礼申し上げます。


牧場パイクを作る その2

さて本日は牧場パイクの続きでお付き合い下さい m(_ _)m

前回、閉まらなかった蓋をモヤモヤしながらなんとかしまして…

20180720_001.jpg

無事“蓋”を閉じることが出来ました(メデタシメデタシ)
そんでもって、サクサクと建物系を塗装して組んでいきます。

20180720_002.jpg

う~ん…サイロと詰所(事務所?)はもうちょっと明るい色に塗ってもヨカッタかも?
でもでもキロハユニが北海道で見てたのは、こんな感じだったんだもん(15年近く前ですが)
そんでもって、このパイクのコンセプトは“可愛らしく”なので…

20180720_004.jpg

幸せの青い鳥さんにご登場いただきます。

20180720_005.jpg

線路部分には休憩中(お仕事放棄中?)のおじちゃんを配置♪
柵がかなり低い(←コレが蓋が閉まらない原因でした)のですが、ココは構造上の問題で妥協します。

20180720_003.jpg

反対側には親子のモ~モ~さんにご登場いただいて…

20180720_006.jpg

ハイ!完成です。

20180720_007.jpg

あとは車両だけなんですが…熊野に持参するには時間切れ(泣)です。
オイオイ作るとして、工作教室の作品に混ぜておこうと思います(^^)ノ

暑中お見舞い申し上げます

耐えがたい猛暑続きではございますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
先日の大雨の被害も気がかりではございますが…
あまり無責任な事も言えませんので、くれぐれも体調だけはご自愛下さいm(_ _)m

*閑話休題*

ホームページのイベント案内に掲載させて頂いておりますが、週末は“熊野路”にお出かけいたします。
昨年から熊野市さまのご依頼で“工作教室”を担当させて頂いております。
今年は募集と同時にホボ満席になったとの事で嬉しさ半分・緊張半分でございます。

流石に手ぶらではイケナイので参考出品?なモノをゴニョゴニョしてみました。

20180719_001.jpg

ジオラマのごく一部のドアップでございますが(^^;)
なぁ~んか個人的願望が少なからず入っているのは多分気のせいだと思います。

全体像は…
後日アップいたします m(_ _)m


牧場軌道パイクを作る その1

勢いに任せてパイクを作り出したものの…
ステージとなる“風景”を全く考えていなかったキロハユニ(^^;)でございます。

先の試運転時の写真で“も~も~さん”(牛です)を置いてみたので、あっさりな牧場にしてしまおうと決めました。
まずは、線路周りの地面です。

20180718_0001.jpg

踏切っぽいものを2カ所設けて道を付けてみました。
今回、緑化は楽をしたかったのでグリーンマットの若草色を使用しています。
ソノママ使用するとゴルフ場みたいになるので、所々土表現を加えて“も~も~さん”に草を食べられちゃった感を出しておきます(見た目には判らないケド)
20180718_001.jpg
次は背景になる部分を妄想します。
え~っとサイロっぽいものと
20180718_003.jpg
詰所っぽいもの…
20180718_004.jpg
それから…う~んチョットメンドクサソウです(^^;)
20180718_006.jpg
取り合えず立体的に見せる為に牧場部分に少し段差を設けて…木も植えてみたり…
20180718_002.jpg
ハイ。こんな感じでしょうか?
20180718_008.jpg
仮配置して妄想力を養います(ナンノコッチャ)
20180718_007.jpg

うん。いいんじゃないかな(自己満足)これでケースが閉まれば…

20180718_009.jpg

げっ! 

閉まらへんやん(爆笑)


お知らせと試作

先日の京都イベントにて好評でございました“まぁるいせんろ”でございますが…
ホームページ掲載前に完売してしまいました(驚)
ブログ上ではございますが厚く御礼申し上げます。

再販の予定は…軽便祭に間に合うペースで少数ながら製作致しますので、しばらくお時間を頂きます。

さてさて、イベント時にお客様より幾つかご提案を頂いておりまして(^^)
『もっと小さい○は出来ないの?』
『くるくる回るのは楽しいけど、少しくらいストレートが欲しい』
『土台を付けて欲しい』

…ご要望のような気がしないでもないですが
恐らく↓コレをご覧になられたお客様が数名いらっしゃったのかもしれませんネ(^^)

枝ちゃん借りるね(はぁと)

(写真は枝川製作所さんより拝借♪) 

城東電軌さんの作品でございます。ワタシもこんなカワイイサイズで作ってみたい♪(恐らく皆さん同じかと思います)
オリジナルのステージは“鉱山軌道”なのでそのままオマージュしたいのが本音ですが、同じモノを作れる訳がないのでちょっとアレンジ(?)してみます。(見せ方としては“オマージュ”より“コピー”になるので城東電軌さんには了解を得ております)
ケースの見当は付いていますが、素材ママでは色気が足りない気がしたのでオイルワックスで着色を兼ねて防水します。
(透明のワックスの方が良かったかも?と塗ってから思いましたが…)
アクリルジェッソでコーティングするのも一つの手ではあるけれど、ケースは桐製です。
桐って一般的には反りにくいって言われているけど、100円ショップの桐はネェ…気を付けないと反りまくるんだよナァ~

20180712_001.jpg

さてケースの乾燥には丸2日かかるので、線路を作っていきます。
取り合えずカーブ部分…

20180712_002.jpg

ん?攻めすぎた??

20180712_003.jpg

ありゃりゃ・・・
なんだか随分小さいのんが出来上がったゾ!

冗談はさておき、真面目に作ります。
途中経過は無いけど、お客様のご提案をカタチにしてみました。
バラストは下地散布の状態なので未完成ではありますが、ストレートがある分、真円よりも作りやすいかも?デス。
取り合えず試運転♪

20180712_004.jpg

おぉ~楽しい(^^)
商品化しよっかなぁ~ (線路だけね)
試作そっちのけでホボ作っちゃう勢いのキロハユニでした。

ホームページへジャンプ

キロハユニ

Author:キロハユニ
商品のお問い合わせはホームページをご覧ください

(クリックでジャンプします)

暇つぶしに(^^)
by mitti0
風呂入れにゃ~
メールはこちらへドウゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも一覧

1500masaの鉄馬と鉄道

旅行と模型と日常

オイゲンの鉄道に関する??? ブログ

本宮機関区運行日誌

自遊人の妄想日記

街並みの記憶をつくる

藻庫川重工のへっぽこ製作記

枝川製作所の日誌

鉄道模型大好き人(TMD)のいろいろ
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。