走れ!ターレット!(16.5㎜版)②

皆々様 こん○○は m(_ _)m

経過写真が1枚もないままカタチになったターレット機関車です。

20170126_001.jpg

上回りはプラモデルの青島さん“特殊荷役シリーズ”のターレットをそのまま使いました。
1/32スケールの16.5㎜ナローなんで…528㎜軌間(^^;)さしずめ1フィート8インチ(508㎜)という事にしておけば産業用機関車として通用するかな?って感じです。
この機関車、ご存知の方もいらっしゃると思います。
鉄道趣味人としては恩師といっても過言ではない名取紀之師(去年末、某紙の編集長を勇退されました)のブログ記事でその存在を紹介されてらっしゃいます。
ワタシもこの記事で初めて知りました。そして一目惚れ(*^^*)
実機は品川運転所に存在したオモシロ機関車で軌間はニブロクだったようです。

過去の競作相手は実機を正確にトレース(本人曰くでっち上げ満載らしい)しています。
同じ物を作っては“2番煎じ”と高笑いされそうなので、後発対抗馬のウチの子は“上回り無改造”としましたが…
20170126_002.jpg

(^^;)まぁ荷台くらいは許してちょ~だい♪
どのみち足回り(動力装置)で弄り倒すんだから無改造もへったくれもありゃしないんですが(笑)

当初考えた動力はアルモデルさんのパワトラだったんですが・・・
20170126_009.jpg

荷台まで随分と腰高になってしまいます。
肉抜きすれば多少はマシにはなると思いますが、素性の良いプラモデルだけに全体のバランスを崩しそうな加工は避けたいところです。
腰高による一番の問題は荷台までの高さが約23㎜となります。
32倍すると736㎜ですから約75㎝の高さまで荷物を持ち上げる事になります。

ここで妄想シュミレーション♪
『10キロ位ある箱を75センチの高さまで持ち上げて台の上に載せる』
 ↑
こんな事を何度も繰り返すと…ギックリ腰確定になりそうです。

これでは便利なターレットが腰痛作製機になってしまいます。せいぜい荷台までの高さは500㎜(階段2段分)がイイトコだと思うんですが…どうなんでしょう?
『いずれにせよ荷台の高さは低い方が望ましい』となると動力装置は自作になってしまします。
で・・・この動力装置が結構、難儀しました。
20170126_003.jpg

写真だけではよく判らないと思います。
実はこの娘、シングルドライバー(1軸駆動)なんです。
16.5㎜のギアBOXといえば乗り越しギアやMPギア系となるんですが、腰高を少しでも避ける為に今回はあえて選択肢から外しました。
ギアBOXはNゲージ用の2軸動力台車(KATOさんのDT11だったかな)を潔く1軸のみ使用してます。
同社の車輪は加工しやすいのでバックゲージが16.5㎜用になるように調整して再度組み直します。
後輪は前輪と同じ様に加工調整しただけなんですが、N車輪の踏面とHO車輪の踏面では厚みが倍くらい違うのでバックゲージを前輪より若干幅広にします。
これはイロイロ実験して判ったんですが、曲線通過時に薄い踏面が災いして脱線してしまうのを防止する為です。この状態でR200をクリアしたので取り合えずOKとしました。
さて、使用するモーターはナローの巨匠御仁の皆様に“反則技”と言われちゃったギアードモーターを使用します。もちろん低速化の為なんですが遅すぎるとこれまたツマラナイので時速15キロ程度のギア比を選択。
…したつもりだったんですが実際には約10キロ以下のスケールスピードとなりました(笑)
HOナローなら丁度いい塩梅のスピードなんですが…これではJAMの低速コンテストのレギュレーション違反ですネ。今回も反則技全開でございます。
あとは加工したギアBOXとモーター軸を…ゴニョゴニョっとジョイント作って接続してから試行錯誤して動力装置を組み上げます。
…実はこの装置だけで1週間位『あ~でもない・こ~でもない』やっているので上手く説明できません(^^;)ゴメンナサイ
ひとつ言える事は、集電性を安定させるために電気2重層コンデンサを使用してます。
20170126_004.jpg

コレ、部品として市場に出回ったのが最近らしく現在テスト中なんですが、領布したシロモノより小型なのは良いものの…放電時の極性切り替えで無電状態になる事が多いので実用させるにはもう少し研究の余地ありです。
書く言う性能的には未知数ですが集電安定性は折り紙つきなので今回はコイツを採用します。

で♪懸案の荷台までの高さですが…
20170126_010.jpg

16㎜位になりました。実寸計算で50センチ位だから短足キロハユニの膝上くらい?(嘘です実際はもっと短足です。誰ですか?豚足だろってDisってるのは!!)コレなら腰痛もちのキロハユニでも『どっこいしょ』くらいの掛け声で荷物が載せれそうです。

20170126_005.jpg
ここからはヘッドライトユニットをちゃっちゃと作って…
上回りを被せたら完成♪

20170126_006.jpg
毎回苦労する“フィギュア”はプラモデルに付属しているので楽です♪
(でもソフビは塗りにくいです)

20170126_007.jpg
サクッとオッサンを乗っけてハイ終わり。(それでイイのか?)
う~んこうなると2~3両“何か”を牽かせて編成として遊びたくなります。

20170126_008.jpg

ハッ!!
カプラー付いてへんやん!!orz

つづく(泣)




ホームページへジャンプ

キロハユニ

Author:キロハユニ
商品のお問い合わせはホームページをご覧ください

(クリックでジャンプします)

暇つぶしに(^^)
by mitti0
風呂入れにゃ~
メールはこちらへドウゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも一覧

1500masaの鉄馬と鉄道

旅行と模型と日常

オイゲンの鉄道に関する??? ブログ

本宮機関区運行日誌

自遊人の妄想日記

街並みの記憶をつくる

藻庫川重工のへっぽこ製作記

枝川製作所の日誌

MTR的活動日誌

鉄道模型大好き人(TMD)のいろいろ
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR