自由形気動車

先日 自宅で仕事中に熱中症(?)になってしまったキロハユニです。
自室でPCをカタカタいつものようにウンウン唸りながら作業をしてて、暑いけどクーラーOFFで頑張ってたら
急にめまいが→吐き気をモヨオシ→WCへダッシュしたくてもマトモに歩けない…
しばらく横になってたら回復したので事なきを得ましたが、自室で熱中症とはビックリでした。
皆様もお気を付け下さい m(_ _)m

*閑話休題*

さて前回のブログでチラ見?だった謎の気動車です
20130710_008.jpg

使用しているキットはスタジオHOさんの“ゆるい軽便?”(そんな感じの名前だったような気がします)のペーパーキットです。
一般には流通して(るの?)ないみたいなのですが、お願いして手元にやって来ました。

戦後の私鉄車両のイメージではありますが、正面3枚窓なのでどちらかといえば電車っぽいイメージです。
実車で近しいモノを調べてみると…
遠州鉄道奥山線のキハ1801・1802がデザインとしては近いものの、完全にフリーランスとなります。
キハ1801は妻面がまっすぐ(平面)なんですが、丸っこい車両が好きなので半流っぽく曲げてみました。
20130710_009.jpg
作ってて『なんかデカくね?』とドア寸法をはかったら…どうやら80分の1っぽい(^^;)
まぁこの辺りは目をつぶる事にしておいて製作開始となりました。

…製作中の写真はすっ飛ばしていきなり
20130713_003.jpg

動力は鉄コレ15m(TM-02絶版)をベースにドア間のみリフトアップするため一度3分割してヒノキ棒でアングルを作って調整後、モーターをギアードモータに変更して低速仕様となってます。

低速仕様にすると、走行中でも室内がよく見える(目立つ)ので運転席とシートをプラ板で適当に作ってあります。
適当とはいえ運転室はセンター配置でレバーなど最低限必要な装備は取り付けてありますが、HOサイズとはいえ限度があるので目立つ部分のみなのが泣き所…ナローの達人方はこの辺りもあっさり造り込んでしまうのでしょうネ。まだまだ頑張らねば…

で、取りあえず部品を合わせて全体のフォルムを確認

20130713_001.jpg

…軽便にしては立派過ぎる(^^;)
だいたい半流・丸屋根スタイルの正面3枚窓でシルヘッダーなんか付けちゃったもんだから軽快感が薄れてシマッタ。 
シルヘッダーを貼る前は結構イイ感じだったのですが、なんかカッコイイぞお前。

20130713_002.jpg

まぁアリっちゃあアリかな?
客窓の保護棒を2重にしたので、ますます電車っぽい気がしないわけでもないケド
床下にエンジン入れたし(鉄コレのんやけど)妻面下にはラジエターも装備したので一応気動車で(笑)
取り合えずここから塗装に入りますが色はタンタン2種と揃えてヌリヌリします。




いや、実は今塗り終わったトコなんですけどネ。
色塗ったらますます立派な車両になっちゃいましたヨ
お披露目は次回のブログをお待ちください m(_ _)m




ところで久しぶりのペーパー車両なんですが、このキットとても作りやすくてGOODです。
屋根板の削り出しが面倒ですが妻面と側面の合わせをピタリと決めればパテ修正はホトンドなかったです。
今までで一番作りやすかったかも?しれません。
今回は9ミリ仕様で作ってますが、16.5ミリ仕様で作る事も可能なように設計してあるので(元々は16.5ミリ仕様だった記憶がアリマス)工夫次第でいかようにもなるのが非常に興味深いキットでした。
(キットといっても紙が1枚入っているだけなんですケド)


スポンサーサイト

コメント

Secre

ホームページへジャンプ

キロハユニ

Author:キロハユニ
商品のお問い合わせはホームページをご覧ください

(クリックでジャンプします)

暇つぶしに(^^)
by mitti0
風呂入れにゃ~
メールはこちらへドウゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも一覧

1500masaの鉄馬と鉄道

旅行と模型と日常

オイゲンの鉄道に関する??? ブログ

本宮機関区運行日誌

自遊人の妄想日記

街並みの記憶をつくる

藻庫川重工のへっぽこ製作記

枝川製作所の日誌

MTR的活動日誌

鉄道模型大好き人(TMD)のいろいろ
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR