我が街を俯瞰する

引退の時期が迫った福知山線の特急183系。
正直まつかぜから北近畿(当時は485)に変わった時は魅力半減(それ以下)だったので興味は自然と山陰路のあさしお・丹後を狙うべく保津峡に通い詰めていた頃から四半世紀…
当時とは若干カラーリングが変更になり、グリーン車も付き(半室だけど)形式は183と直流車輌になったもののあんまり進化がない。
新型車両導入でようやくお古とオサラバ出来るので最近までは撮影対象としての比重は薄かったのだが、引退するとなると少し寂しい気持ちが先行し、周りのブームに乗せられて本腰を入れて撮らないと…と強迫観念にかられ先ずは自宅周辺から撮る事にした。

20130206_001.jpg

通称長尾山俯瞰と呼ばれるこの場所はその昔誰も訪れる事が無かったのだが、ネット検索をかけると出るわ出るわの写真の山(^^;)こうして自分だけの撮影地がまた一つ無くなっていくあたり寂しいような悔しいような複雑な思いがある。
背後には宝塚の街並みを望みながら条件さえ整えば生駒の山まで遠望できるこの場所は夏場の花火大会の見学場所として地元では昔から有名だった。
撮影地を秘密にしておくのも今更な場所なのでアクセス方法を以下に記しておきます。



先ずは車で行かれる方

国道176号線を生瀬方面に進み写真にある歩道橋をくぐり高架道路に入ります。高架道路の終わりに信号があるので右折して旧国道に入ります。右折してスグに左折、橋を渡って道なりに進みます。花の峯と呼ばれる新興住宅地の集落に入ると公園があります。公園の先50メートル位で左折する道がありここを入ると撮影地です。
光線的には午後からになるので、狙い目は『こうのとり15号』がBESTです。

徒歩でのアクセス

生瀬駅から国道176号線へ向かいます。駅出口を右に進み道なりに3分で国道に出ます。国道に出たら宝塚方向に進み“生瀬1”交差点を旧国道(高架道路ではないほう)左方向に進みます。左側に橋があるのでこれを渡り上り坂を延々進む事約10分で公園があります。進んできた道をそのまま歩いて直進50メートルで左に入る車道があるのでコレを進んだら撮影地です。駅から徒歩20分で撮影出来るので線路際の撮影が苦手な方はオススメです。
その他、なるべく楽をしたい人には宝塚駅から阪急バスという選択もあります。『山口営業所方面・有馬方面』行きのバスに乗ります。降車するバス停は『森興橋』です。1時間に4本と便がよいのでJRで生瀬まで行くより阪急を足に使うと午前は線路際で午後はこちらで、撮影撤収後は宝塚南口で阪急撮影が楽しめてオトクかもしれません。

ちなみに横構図で撮影すると
20130206_02.jpg

背後の長尾山に暗黙の了解(意味はわかりますよね?)で登ると
20130206_01.jpg

上り列車を進行方向で狙うことも可能です。
この時期のこの場所は16時を過ぎると光線状態が一気に激変します。
運がよければ夕日に染まった列車をお手軽に狙うことが出来ますのでオススメです。
撮影機材ですが、100ミリ~135ミリ(35サイズ換算)が撮影しやすく、300ミリクラスだとかなりの遠望が可能です。
現地は閑静な住宅街です。大声で話したりしないように!また、周辺の住人の方は必ず挨拶をされます。特に若い方や下校中の子供さん達も同様なので、見かけたら必ず挨拶をするよう心掛けて下さい。




いかがでしたしょうか?線路際のオススメポイントに関しては明日にでも…と考えております。
次回の俯瞰場所はもう少し緑の多い場所をご案内いたしますのでお楽しみに~♪
スポンサーサイト

コメント

Secre

ホームページへジャンプ

キロハユニ

Author:キロハユニ
商品のお問い合わせはホームページをご覧ください

(クリックでジャンプします)

暇つぶしに(^^)
by mitti0
風呂入れにゃ~
メールはこちらへドウゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも一覧

1500masaの鉄馬と鉄道

旅行と模型と日常

オイゲンの鉄道に関する??? ブログ

本宮機関区運行日誌

自遊人の妄想日記

街並みの記憶をつくる

藻庫川重工のへっぽこ製作記

枝川車両製作記

MTR的活動日誌

鉄道模型大好き人(TMD)のいろいろ
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR