屋島ケーブル

ココ数日暖かかったのに明日はかもしれないそうで…
お出かけの際はお気をつけ下さい m(_ _)m

来るべき“こうのとり撮影計画”に備えて、早朝からロケハン(近所)していたキロハユニです。
20年以上訪れる事の無かった場所なので今では様変わりしてるのでは?と心配しておりましたが…見事に立入禁止になっててトボトボ歩いて帰って来ました。
当時は撮影できても今は撮影出来ないトコが増えている自宅周辺ですが、まだまだ捨てたモンじゃない!
朝は生憎のお天気だったので場所のチェックのみで済ませましたが近日後悔公開予定なので首をナガ~クしてお待ち下さい。



朝、散歩(ロケハン)してたら『アスファルトの山道って久しぶりやな~』と観照に浸っておりました。
延々続くアスファルトの上り坂…高校の時以来かも(古ッ
そんな事を考えながら散歩していたら、3年前に模型作りの参考資料うどんが目的として訪れた

屋島ケーブルを思い出したので

今日はチョットだけ屋島ケーブルでブログっちゃいます

讃岐の屋島と言えば、源平合戦の舞台でもあり屋島寺は重厚な門構えでナイス観光地でもある。ふもとから見上げると屋島の隣は五剣山があり撮り鉄で何度か訪れた場所でもアリマス。
屋島といっても実質“山”なので頂上へ向けて参拝(観光)の為のケーブルカーがあったのだが、近年廃止になってしまい復活の見込みはナイらしい…
とここまでなら余り珍しくないオハナシなんですが、ケーブルカーの施設がそのまま残っている(今はどうかワカリマセン)場所らしく、また自己責任にはなるが廃線跡をそのまま歩けるらしいのだ。

コレは行くしかナイ! しかも山上から山道をチョコっと歩くと琴電が撮れる絶景が待っている!!

という訳で、ケーブルのふもとの駅でウロウロしてると案の定地元の方に声を掛けられた。
『屋島ケーブル跡見たいなら案内しますよ』
ラッキーの一言である。 自己責任である事を念押しされながら案内していただくと…
20130205_06
どんどん高度を稼いでいく!流石はケーブルカーだ!!(徒歩だけどネ)
案内していただいた方はどんどん先に進むけど、コッチはバテバテである(^^;)
当日は雨、しかも7月下旬なので湿度が高い。こんな時期に登ったワタシが間違いなんですけど(笑)

20130205_03
やっとの思いで山上に到着♪
20130205_05
山上駅は建物的にもかなり歴史のある様式でコイツが見たかったのだが、案内役の方が
『じゃ山頂にご案内します♪』と仰るのでゆっくり見学できなかった
後で判ったのだが、案内してくださった方はJR四国の職員さんで勤務シフトまでに駅に戻らないといけなかったそうで…そんな事を知らないキロハユニはのんびり景色を楽しんでました
…で案内される事数分で
20130205_04

琴電丸見えスポットに到着♪ しかしココでまさかの電池切れで撮影出来ず…

まっえぇか! と諦めて景色を堪能しまくってました(^^)
日の長いこの時期は撮ろうと思えば条件の良いスポットが屋島周辺にはたくさんあります。
琴電もコトコト走っているので房前の鼻に行ってみると…
防波堤で撮れない
しかも天気が・・・・ねぇ
20130205_02

写真を見ればそのまんまですが やる気ねぇな~

もうチョットやる気出さないとねぇ…

という訳でお天気が悪いですが大坂峠へ

20130205_01

雨上がりで曇りだった事もあり本来なら逆光の時間でしたが問題なく撮れました。
この大坂峠、初めて訪れたのは瀬戸大橋開通前だから…四半世紀ぶり??
当時は徒歩でトボトボと図書館でコピーした地図を片手に歩いた思い出がよみがえりました。

四半世紀が経って今日トボトボ歩いていた時と同じような天気と同じような道。
昔訪れた撮影地を今になって訪れるとタイムスリップしたみたいで、少し冒険気分に浸れます。

出来る事なら、体系もアノ頃にタイムスリップしたいナァ~と思うキロハユニでした。
スポンサーサイト

コメント

Secre

ホームページへジャンプ

キロハユニ

Author:キロハユニ
商品のお問い合わせはホームページをご覧ください

(クリックでジャンプします)

暇つぶしに(^^)
by mitti0
風呂入れにゃ~
メールはこちらへドウゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも一覧

1500masaの鉄馬と鉄道

旅行と模型と日常

オイゲンの鉄道に関する??? ブログ

本宮機関区運行日誌

自遊人の妄想日記

街並みの記憶をつくる

藻庫川重工のへっぽこ製作記

枝川車両製作記

MTR的活動日誌

鉄道模型大好き人(TMD)のいろいろ
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR