FC2ブログ

電池式パワーパック(PWM制御)

春の陽気に誘われて、眼がかゆい+鼻もムジュムジュしているキロハユニでございます。

今年もそろそろ工作の時期が近付いておりますが、1月~4月にかけてなんだかバタバタしております。
これから製作するモノに少し関係アリな商品をコソコソ研究しておりました。
試作品の耐久テストが終わったので皆様に今年予定の商品をご案内致します。
20180407_01.jpg
20180407_03.jpg
わずらわしいACコードにさようなら (^^)ノ~~
初夏までには頑張って商品化?
乾電池式PWMパワーパック

予定価格:7,800円(税別)

PWMの恩恵として、通常のトランジスタ制御が苦手な低速重視の走行に適しています。
また、LED照明装着車は常点灯状態での停車が可能です。
ただし常点灯調整機能は省略しているのでモーター特性により定電圧で負荷の少ない車両はLEDが光り出す前に走り出す事があります。

使用電池は006P規格のアルカリ電池と充電式電池どちらもOKです。
20180407_02.jpg

電池1本でDUTY50%(出力半分とお考え下さい)使用で約80分連続運転が可能です。(テスト車両:IMON製木曽Cタンク/消費電流約100mA/hの状態で)
HO車両もテストしましたが、こちらは約70分(TOMIX製キハ181:室内灯なし6両)でした。
通常使用と想定されるSTOP&GO(10分走行→1分休憩→10分走行)では2時間弱使用可能でしたが、使用する電池によって結果はバラつきがありますので、あくまで目安とお考えください。
連続走行は最大でも20分程度で一旦休憩した方が、モーターの負担も軽減できると思います(^^;)

使用上の最大の注意としてはPWM制御なのでDCC車両は運転出来ません m(_ _)m

現在、ケースの加工に四苦八苦しながら少数製作しております。

実を申しますと…試作品はもうチョット小型でした
20180407_001.jpg

上:試作品
下:発売予定の完成品

電池ボックスの都合で1.5倍くらいの体積になってしまいました(^^;)
一応試作品も電池内臓なんですが、イロイロと問題点があるんです(言い訳)
20180407_002.jpg
ケースのフタ(底部分)をパカッと開けて電池交換しなくてはいけないので、配線を引きちぎってしまう恐れがあります。
個人用ならコレでもイイんですけど、破損リスクが高いので一回り大きいケースにしました。

製品版のサイズは65×50×130㎜(奥行×高さ×幅:スイッチ類含まず)となっており、既製品のパワーパックより
一回り小さいサイズとなっております。

電池式パワーパックをお考えの皆様、この機会に是非ご検討下さいませ m(_ _)m

スポンサーサイト

コメント

Secre

ホームページへジャンプ

キロハユニ

Author:キロハユニ
商品のお問い合わせはホームページをご覧ください

(クリックでジャンプします)

暇つぶしに(^^)
by mitti0
風呂入れにゃ~
メールはこちらへドウゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも一覧

1500masaの鉄馬と鉄道

旅行と模型と日常

オイゲンの鉄道に関する??? ブログ

本宮機関区運行日誌

自遊人の妄想日記

街並みの記憶をつくる

藻庫川重工のへっぽこ製作記

枝川製作所の日誌

鉄道模型大好き人(TMD)のいろいろ
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR