新しい機関車はダージリン?

毎日汗だくつゆだくなキロハユニです(^^;

さて、もうすっかり忘れてしまった感のあるナロー機関車の製作のお話です。

え~っと動力が出来上がって?から随分経ってるのは気のせいではない…よね(笑)

あれからしばらく放置していたんですが『祭も近いし何か手を動かさないと』という半ば強迫観念にも駆られた気もありボディを着手しだしました。
イロイロ考えた挙句、プロトタイプはシャープシュツワート製12t機。といってもなんのこっちゃ?なんで、判りやすく言うと“ダージリン・ヒマラヤン”のAクラスをモチーフにして妄想酵母を加えて発酵させたモノに決めました。
よくネットで見かける画像はBクラスと呼ばれAクラスよりちょっぴり大きい。共に煙突後ろにサドルタンク、キャブ前にコールバンクを持つ一風変わったスタイルで“トイ・トレイン”と呼ばれヒマラヤの高地を走る山岳鉄道であり世界遺産にも指定されてるので割と有名なんでは?と思います。
…で今回は長さの制約もあるのでAクラスを文字通り“おもちゃの機関車”っぽく作っていこうと思います。

まずは足回りを前回からちょっとぴりグレードアップ?

20140710_03.jpg

ロッドを増やしてみました。
1本増えるだけで結構ソレっぽく見えるでしょ?
(見えると言ってぇ~)

ではボディを作っていきます。
用意したのはこんな代物(笑)なんだかモビルスーツ作るみたいです。
20140710_05.jpg
ライターは後々使うとして、あとはいつものタミヤプラ板。

煙突とボイラー・スチームドームは真円なので上記のガンダムパーツ(違)を創意工夫でやっつけて
サドルタンクは幅6ミリに切り揃えたプラ板(0.3)を何枚も積層してカタチを作ります。
で、やっとの思いで大まかなパーツを作り終えました。
20140710_04.jpg
でこいつを合体させると
20140710_01.jpg
こんな感じに

後ろはほとんど柵なので…
20140710_02.jpg
こんな感じになりました。

ここから更に研磨作業なんですが、いったんパテ埋めするので現在乾燥中です。
残りは前梁あたりの形成が済めばデティールアップにかかるつもりです。

曲面主体の機関車なんであっさり書いてますが・・・プラ板積層+プラ棒積層の連続でかなり時間が掛かります(^^;)
まぁもうちょっとで基本形状の成型は終わりなんでココが踏ん張りドコロです。




スポンサーサイト

コメント

Secre

ホームページへジャンプ

キロハユニ

Author:キロハユニ
商品のお問い合わせはホームページをご覧ください

(クリックでジャンプします)

暇つぶしに(^^)
by mitti0
風呂入れにゃ~
メールはこちらへドウゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも一覧

1500masaの鉄馬と鉄道

旅行と模型と日常

オイゲンの鉄道に関する??? ブログ

本宮機関区運行日誌

自遊人の妄想日記

街並みの記憶をつくる

藻庫川重工のへっぽこ製作記

枝川製作所の日誌

MTR的活動日誌

鉄道模型大好き人(TMD)のいろいろ
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR