阪急始めました

秋といえば阪急です(謎

さて次なる仕掛品は・・・

阪急電車です


以前に作ろうと思ってホッタラカシにしていたGMの板キットです
近所のジョ○シンが店じまいセールなのをいい事に中間セットを買い足して
貫通8両フル編成に無謀にも挑みます
_A263480.jpg

最近1両完結モノしか作ってなかった(しかも黒いの)のでいささか心配ですが

これでも一応阪急オタクの端くれなので

とりあえず頑張ります

このキット一つでイロイロな形式を選ぶ事が出来るのですが
取り合えず2000系と3000系は鉄コレがあるのでPASS

5000系列は先頭車が足りないので敬遠
8000系なら完成品買っちゃった方が手っ取り早いのでスルー


6000系に決定です

で、まずは6000系にする為の下ごしらえをします
_A263512.jpg

写真をご覧下さい m(_ _)m
余分なトジメランプを削ってしまいます

_A263510.jpg


研磨不充分ですが、サフを吹いたらナントカなる(と思います)

ハイ 今日はここまで♪

チットモススンデヘンヤン


*閑話休題*


このキットを作るにあたって最大の難関があるので暫く練習しないといけないモノがあります


それはアルミサッシの色差しです

ワタシ自慢じゃないんですがHゴムとか苦手なんです(泣

で、面相筆と烏口片手に練習してみました

_A263525.jpg

シラフ状態の時は面相筆でやらかしてます
ほろ酔いで烏口に持ち替えて(右ドアの窓2枚は筆です)酔拳のごとく飲めば飲むほど…

へべれけではアキマセンわ(笑

スポンサーサイト

コメント

酔拳は最強かも

こんばんは。初めてブログ見せていただきました。

作品もさることながら、文章が巧く一機に読んでしまいました。

私は家が宝塚なので阪急ヲタの端くれではありますが

できるなら阪急の塗装はしたくないですね。

何度やっても満足できる塗装が出来ないものですから…。

こんばんは。
え~…キロハユニさんの場合「阪急オタク」と言うよりも「阪急は身内みたいなモン」ですよね(笑)。
6000系に挑戦ですか…いいじゃないですかぁ!作り甲斐がありそうですが、キロハユニさんであればサラッとやり抜けられるのでしょうね☆。
しかし「キロハユニ塗装レベル指標」は面白いグラフ(?)ですね。ほろ酔い~エェ具合と真ん中辺りがよくて、両端のシラフとへべれけだと調子が出ないんですね(^^;。
つまり…何か集中しなければならないときには程よい量のアルコールが必須と言うことですね(笑)。
え~…これを俗に「あるちゅう」と言うのでしょうか?(爆)

はんきゅ~♪

キロハユニさん、こんばんは。

秋と言えば阪急…ですよね??(笑)
ワタシは年中阪急ですが(^^ゞ

待ってました!マルーン製作記。
堅実な製作をされるキロハユニさんがどの様なマルーンを作られるのかとても楽しみです!大いに参考にさせていただきます(*^o^*)

さて塗装レベル指標、とても面白い考察ですね(笑)キロハユニさんの場合多少お酒が入っていた方が仕上がりが良いというのがこれまた面白い!!
それに初めて試みられたとは思えない仕上がりです、エェ具合の部分の窓枠は本当に「エエ具合」ですね。

下地のマルーンもエエです♪
晴れた日に、陽の光を浴びて若干赤みがかったような、とても魅力的な発色ですね。
これはGM32番…ではないですよね??GM32に何かを配合してエアブラシで塗装されたのでしょうか??

それからごCROSS POINT横浜店のブログで、「エコノミーキットの作り方」というコーナーを不定期連載でやってます、今回は「阪急(6000系)」の製作記なので参考になることがあるかも。
http://www.gm-store.co.jp/blog/yokohama/archives/105

では次回の更新も楽しみにしております!
いつの時代の何番編成を製作されるのか、の発表も楽しみにしております!!

しんじさん

>できるなら阪急の塗装はしたくないですね

鉄コレに関してはワタシも同じです・・・
モールドがGMに比べて浅いので、アルミサッシは修行になってしまいます(^^;)

ただ、800系と1300系はどうもイメージが違うので塗り替えました
GM32番阪急マルーンは隠ぺい力が皆無なのですが
サフを吹いたら物凄く楽ですよ。

現在の阪急色に近づけたい場合は
サフ→ぶどう2号(薄吹き)→阪急マルーン(エアブラシお持ちの場合は若干黒を混ぜる)
昭和末期(8000系がデビューする前くらい)
サフ→赤(ワタシはクレオスの3番レッドを使いました)→阪急マルーン

こんな感じで使い分けました

今回は初めてエアブラシを使う予定なので(今まではスプレーでした)早く塗装したい気分です(笑

S-togさん

不思議とアルコールが入ってへんと調子が出ないんです(ぉぃ
板キットの8両一気仕上げは今回初挑戦なので根気が続くかチョイ不安でもあります

>キロハユニ塗装指標

イィでしょ(意味不明)
“エェ感じ”部分をキープするにはマダマダ修行が足りないのでビールおごってください

当初サラッと出来るかな♪と気軽に考えていたのですが、どうやらそうもいかないのが発覚しまして・・・クリアしなきゃいけない部分を今からどうしようか考えてます。

ま、考えてる時が一番楽しいんですけどね(笑


以上『arutyuu』が酒樽よりお送りしました(謎

danmontさん

やっぱ、秋は阪急ですよ(笑

既に緊急停車気味の製作記になりそうです(泣

ふる~いGMキットの内容のまんまだと思い込んでたので、開けてビックリ玉手箱状態のエコノミーキットに少々困惑しています

窓枠に関しては今回から烏口で確実に行こうと思います。筆だとやはり限界を感じますので(単に老眼を認めたくないだけです)


>下地のマルーン

いえいえ、これはクレオスの赤(3番)ですよ(汗
GM32番がナゼか手に入らなかったので、下地の状態で練習してました
↑にもコメントしましたが、多少黒を(ホントに少しです)混ぜると深いマルーンになります
京トレインの6300が他のマルーンに比べてチョット濃いような・・・と思い始めてチョット黒を混ぜるとイメージに近くなりましたよ
今回はデビュー当時の6000なので赤ベースにしようと思ってます。


>クロスポイント横浜店

おぉ~なんとタイムリーな(笑
基本的かつ確実な方法だけにプリントアウトして資料として重宝しますね
情報ありがとうございます

http://milkcoffee1969.blog137.fc2.com/

Hゴム得意な人はあんまりおらんでしょ~。私も超苦手です。Hゴムの電車なんてなくなってしまえと思ってるくらい(^^
特にプラキットのHゴムは断面が半円状になってるから難しいですよね。
この点、ブラスキットは断面がフラットなのでまだマシですけど。

マスキングしてブラシ吹くってのはいっぺんやってみようと思うんやけどどうなんやろね~。

Re: http://milkcoffee1969.blog137.fc2.com/

超苦手って…上手い事してはるわ~といつも感心しきりやのに・・・
お世辞抜きで、完成度が高いから 造り込まれたレイアウトでないと、逆に違和感感じる事がありますよ

>ブラスキットは断面がフラット

GMさんのキットはモールドの凸部分が高いのでまだ楽な方ですよ。
KATOさんの完成品のHゴム色挿しは勘弁して欲しいです。

おっきいのんに色挿ししようとしたら大失敗して泣きをみています。
恐るべし海外ブランドです
Secre

ホームページへジャンプ

キロハユニ

Author:キロハユニ
商品のお問い合わせはホームページをご覧ください

(クリックでジャンプします)

暇つぶしに(^^)
by mitti0
風呂入れにゃ~
メールはこちらへドウゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも一覧

1500masaの鉄馬と鉄道

旅行と模型と日常

オイゲンの鉄道に関する??? ブログ

本宮機関区運行日誌

自遊人の妄想日記

街並みの記憶をつくる

藻庫川重工のへっぽこ製作記

枝川製作所の日誌

MTR的活動日誌

鉄道模型大好き人(TMD)のいろいろ
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR