新製品を組み立てる

過日お知らせした北野工作所さんの新キット(^^)

先だって開催された“さいたま鉄道模型フェスティバル”に行かれた方はご覧になってるかも?ですが
過日のブログで『写真はナイショ♪』でしたので、メーカーさん差し置いて画像公開でございます。

先ずはこんなの
20131224_003.jpg


どっかの炭鉱で活躍していたような??凸型機関車です
(屋根部分が寸足らずになってるのはボディに乗っけてるだけで接着してないんでズレちゃいました:軽く言い訳)

ネットでイロイロ調べると九州や北海道に実在した三菱製に雰囲気はクリソツですが、北野さん曰く『特に意識したわけではなく細~い凸電で可愛らしい感じでデザインしました』との事でしたからフリーランスになるんだと思います。
パンタグラフはTOMIXのモ510用を使って仕上げましたが、ビューゲルでもポールでもカワイイんでないかい?

ワタシ個人用にもう1台作って…
20131224_002.jpg

こんな感じ(^^)
屋根が無いのは…パンタグラフのやぐらが無かったので(この後適当にソレっぽいもんをあてがいました)
茶色のんは先頭部にヘッドブロックがド~ンと付いてゴツゴツした感じですが、個人的にはアッサリしている方がいいかな~?と思いこんな感じにしました。
う~ん・・・ますます三菱にしか見えない(^^;)

ところでこのヘッドブロックかなりの優れもので実物同様、連結相手(貨車とか)のカプラーの高さに合わせてドローバーを挿す位置が3段階で調整可能になってます。
コレだけでも分売して欲しい(ドローバーはアルモデルさんのを使うと便利だそうです)

キットはパンタと動力は別売です。
当然とは思いますが手すりは創意工夫でとなりますので真鍮線とかはご自身で m(_ _)m

*写真の手すりは意外と簡単に誰でも綺麗に出来ちゃう方法で付けてます*



お次が
20131224_001.jpg

軌道モータ・カー(^^)
コレに関しては『“完璧なフリーランス”ざんす』(北野さん談)だそうで
どっからどうみても、そうだろうと思います(^^;
個人的にはコッチのほうがラブリーです♪

最初見た時は謎的要素が多すぎて理解に苦しみましたが、組み立ててみるとカワイイじゃないの
フォルムはミゼットみたいだし、いっそ屋根とっぱらっちゃってオープンキャブにして荷台作って“移動夜鳴きそばモータ・カー”とか作ってみたくなります。

写真のカラーリングは実機っぽい感じに仕上げましたが
キロハユニ私物バージョンはミゼットのようなカラーリングにしてあります(←こちらの写真はまた後日にでも)
写真には写ってませんがオマケパーツに消火器も付いてるあたり作業用のモータ・カーを意識されてるのでは?と思います。

ラジエターは3種から選べるのでもの凄く個性的な1台だと思います。
ヘッドライトは別売りなのでもっとデッカイのんとか屋根にミッキーみたいに2灯乗せて“ネコ耳”みたいにすれば萌え要素もあるのでは?(いやそれは路線が違うよ)




肝心な価格ですが
凸電が5,800円でモータ・カーが4,000円との事。
いずれもレーザーカット済みのペーパーモデルでプラモデル感覚で組み立てられます。
ペーパーキットの組立経験が無くてもまぁナントカなるレベルのキットでした。(組んでからヤスリがけするのは紙もプラも金属も同じなので)

推奨動力(別売)はワールド工芸さんのTU-16S(凸電)/TU-14S(モータ・カー)です。
在庫はまだあるのかな?(←そこまではワカンナイっす)

ちなみにフェアの時はキットの箱の包装紙に割り箸を付けて“駅弁風”にして売ってたそうですが、お茶まで付いてたら大笑い(中身はマジメなキットですよ)だったのにネ





さてお気づきの方がいらっしゃるかどうかどうかはワカリマセンが、このキットの台車枠どっかで見た事ありません?
判った方はスゴイと思いますが…ナイショにしとこっと♪

ではアカシヤサンタ見たいので今日はこの辺で m(_ _)m

See You (^^)ノ~




スポンサーサイト

コメント

Secre

ホームページへジャンプ

キロハユニ

Author:キロハユニ
商品のお問い合わせはホームページをご覧ください

(クリックでジャンプします)

暇つぶしに(^^)
by mitti0
風呂入れにゃ~
メールはこちらへドウゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも一覧

1500masaの鉄馬と鉄道

旅行と模型と日常

オイゲンの鉄道に関する??? ブログ

本宮機関区運行日誌

自遊人の妄想日記

街並みの記憶をつくる

藻庫川重工のへっぽこ製作記

枝川車両製作記

MTR的活動日誌

鉄道模型大好き人(TMD)のいろいろ
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR