今年もお世話になりました+新しい機関車製作①

今年も残すところあと数時間になり、紅白を見ながらブログを書いているキロハユニです。

今年も様々な方にお世話になりありがとうございました m(_ _)m
来年(数時間後から来年ですね)もよろしくお願いいたします。

さて本題です

ナロー蒸気を作ってみようかと無謀にも思いはじめてチョコチョコ手を動かしてます。
スタイルは0-4-0のタンク車スタイルでやってみようと思います。

サイドタンク機にするか?サドルタンク機にするか??
コッペルみたいな感じが一番端整だけど、ボイラー周りのスクラッチは初めてなので取りあえず軸配置だけ0-4-0としてボイラーやキャブは追い追い考える事にしました。

先ずは動力を仕上げていきましょう。

ギア、フレームまでスクラッチ出来るはずもないので用意したのが
20131231_001.jpg
TOMIXのDE10動力台車(3軸)です。
3軸ある時点で0-4-0ではありませんが、後ろ側の軸は集電もしてないので撤去しちゃえば0-4-0になるしね。
この方法、銀座軽便倶楽部さんのキットで使われている方法でもあるので真似させていただきます。

まずは分解して集電板の加工に入ります
20131231_002.jpg
穴開けておかないと、後々不便なので0.6で穴開けしてから集電板を0.2位薄くする為ヤスリでスライスします。
写真には写ってませんが、この後集電を確実にするために0.2の青銅線を取り付けました。

20131231_003.jpg
再び組み立ててモーター押さえをビス止めします。
KATO製の台車(DE10用)ならウォームギアの入っているギアBOXにモーター軸を直接叩き込めるのですが…あいにくKATO製のASSYが手に入らないので(^^;)

モーター押さえはアルモデル製のを使いましたが…
20131231_004.jpg
モーター取り付け角度を写真のようにしないとピニオンギアまで軸が届きません(泣
この取付角度の方がモーター回転時に安定するのですが、ボイラーやキャブをデッカクしないと入りきらない
20131231_005.jpg
おまけに緑の部分を削らないと(削らんでもいいんですが)
加えて青い部分をモーターの形状に削らんといかんです(ボイラーがごつくなるのはNG)


で結局モーター押さえは自作することにしました。
真鍮板でランナー部分(っていうのかな?)がドバ~と余っているモンが都合よくあったので
穴開けて→削って→L字に曲げて
ギア間隔を調整して・・・うんOK!

ま、取りあえずSLなんで余分な台枠をカットしたら
20131231_006.jpg
こんな感じに

問題はロッド類ですが、精度と走行性を考えて取りあえず主連棒のみにしてます(このままいくと思います)
気になる走行は定電圧からユックリ走ります(^^)V
アルモータースバラシイです。


ここまでで今年の作業は終了♪

年明けから上回りの製作を開始しようと思います。
どんなデザインにするかはまだナイショ(嘘です全然決めてません)
ただ、可愛らしいデザインで尚且つ無骨さが出せればイイかな?
フリーランスなのでこの辺りは気楽です。

以上、今年最後の工作でした。


それでは皆さん よいお年を m(_ _)m
スポンサーサイト
ホームページへジャンプ

キロハユニ

Author:キロハユニ
商品のお問い合わせはホームページをご覧ください

(クリックでジャンプします)

暇つぶしに(^^)
by mitti0
風呂入れにゃ~
メールはこちらへドウゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも一覧

1500masaの鉄馬と鉄道

旅行と模型と日常

オイゲンの鉄道に関する??? ブログ

本宮機関区運行日誌

自遊人の妄想日記

街並みの記憶をつくる

藻庫川重工のへっぽこ製作記

枝川製作所の日誌

MTR的活動日誌

鉄道模型大好き人(TMD)のいろいろ
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR