動力ユニット(キロハユニ式)の説明

皆様 こん○○は m(_ _)m

口約通りに(かどうかわかりませんが)誰にでも簡単にできる工作のご案内です。
1回目の今日は動力ユニットをでっち上げる方法です。

最初にお断りしておきますがこの方法は
“既存の動力ユニットでは満足出来ない”方々の為に記します。
走行性能ははっきり言って既製品(キットを含む)の方が格段に上です。
あくまで、スクラッチ車両に仕込む場合の作り方である旨をご理解ください。

では用意するものです。


・KATO製の機関車用動力台車
・アルモーター(811S)
・0.3㎜のプラ板(タミヤ製でOK)


上記3点が必要です。

動力台車は電車(気動車)用ではなくて機関車用です。
車輪径が小さいユニットの場合はディーゼル機関車用が適します。
用意したのはDE10用の動力台車です。

20141006_001.jpg

下の画像の様にギアBOXのカバーを外してウォームギアを取り出します。

20141006_002.jpg

ウォームギアにはまっている軸を抜きます。
ワタシは画像の様に飛び出している軸をペンチで挟んでヤットコ等で圧力をかけて抜いてます。
ウォームギアを傷めないように注意しましょう。

軸が抜けたらモーター軸にギアを圧入します。
プラワッシャーを先に通してからギアを圧入します。
アルモーターの軸は1.0なのでネジ止め剤が無くても充分固定できます。

20141006_003.jpg
*写真では間違ってワッシャーを通す前にギアをはめてます。必ずワッシャーを1枚を先に通してからギアを圧入してください*

次にユニット側の加工を進めます。

20141006_004.jpg


画像部分の突起を切除して終了です。

あとは元通りに台車を組んでモーターと集電板を結線したら終了です。
気を付けるのは集電板にモーターからの線を半田付けする際、手早く行わないとユニットが溶けちゃいます。
…凄腕の諸先輩方には釈迦に説法ですが(^^;)

この状態で走行させてスムーズに走るようなら苦労はしないのですが…
モーターの押さえが無い状態なので前後方向のいずれかで上手く走らない場合があります。
そんな時はプラ板でワッシャーを作って下の画像の様にはめ込みます。

20141006_005.jpg

このワッシャーの厚みは現物合わせとなります。
0.3㎜としたのはホボホボこのままでは使い物にならないので、ヤスリで薄くスライスしながら調整していきます。
調整が終了したらユニットは完成です

ただし、このままではボディに固定する方法がありませんよね(^^;)
先ずは下の画像をご覧ください。

20141006_006.jpg

これはバーチカルロコの取り付け方法ですが、動力ユニットの可動部分に干渉しないトコを見つけてビス止めしてあります。
取り付けビスとしてM1.2のビスをチョイスしてます。
DE10とDD54の動力台車は車輪を露出して製作できますが取り付け方法は創意工夫となります。
他の例として…

20141006_007.jpg


これはDD16用の動力台車を加工したものです。
台車のレリーフを限界までヤスリで削り、両面テープ等で車両に止めてしまう方法もあります。
ワタシの場合は単にボディを被せているだけですが(^^;)

ロッド式の足回りを作る場合はDE10かDD54用を使用します。
このロッドですが、ワタシはKATOの旧設計SL用を使用してますが、主連棒のみなら適当な線材で作るのもアリですネ(^^)

ココまでは手慣れた方なら割と簡単に加工できると思います。


ちなみにTOMIX製の動力台車の場合は…
ダージリンっぽい機関車のトコに記載しております。
手法は銀座軽便倶楽部様のキットの手法を参考にしました。
早く作りたい気持ちはあるのですが、貴重なキットでもあるので
時間がある時にじっくり楽しみたいから手を出すのはまだ先かな~(遠い目


次回は電車用動力台車を使用した動力をご紹介いたします
m(_ _)m




スポンサーサイト

開閉ギミックの作り方

皆様 こん○○は m(_ _)m

祭の時に受けていたご質問に『チェーン』がありましたので、先にそちらを…

最近チェーン流行ってるみたいだね(^^)とクリクラの某様♪
ペーペーのキロハユニ工作は手数で誤魔化しておりますので…
『どこで売ってるの?』って…えっと?え~っと?えぇ・・・
ちゅう訳で↓こんな商品です。
20141009_002.jpg
ワタシはお上品な関西人(嘘)なんで日本橋の子供園(キッズランド)で買っております。
ただ、いつ行っても在庫切れ&入荷待ち(--メ)なのが玉にキズっす。
1個で50㎝あるので(恐らくネックレスチェーンの長さと思われます)飲み屋のおねぇちゃんのアクセサリー修理にも使えますよん♪
(プリンセスラインで実際に使ったのでチョッピリ余りました)
固定物に巻きつけるだけならさらに細かいナイロン製のチェーンもあります。
モデルカステンのアキュレイトチェーンがスケール的にもぴったりです。


閑話休題 m(_ _)m


工作ヒント2回目の今日は開閉ギミックの簡単な作り方です。
去年作ったバテロコのボンネット開閉ギミックの詳細説明です。
応用次第ではドアのヒンジにする事で開けたり閉めたりを楽しむことが出来ると思います。

では用意するものです。

・銀河モデル 吊り金具:N-635
・割ピン (メーカーに関しては後述します)
* 割ピンの代用としてΦ0.2mm以下のリン銅線か真鍮線でも可

特別なパーツは上記のみとなります。

先ずはバテロコのヒンジ部分をご覧ください。
20141009_001.jpg
よ~く見れば判って頂けるかと思いますが
吊り金具を3つ使用し、割ピンを通して固定するだけです。
作り方は単純ですが可動部分(扉など)の“逃がし”を考えてやらないと上手く開閉しません。
“逃がし”の部分は以下の説明と合わせて創意工夫となります。

先ずは扉部分を作ります。
適度に形成したプラ板の端っこ部分に吊り金具を取り付けます。

20141009_003.jpg
↑こんな感じで作ってみました。

次に壁部分を作ります。
ワタシは0.5㎜のプラ板を用いました。
先ずは下の画像の様に形成しておきます。

20141009_004.jpg

AとBの板の幅は1㎜違います。板を合わせると…

20141009_005.jpg

Aに比べてBが1㎜短い分、段差が生まれます。
これが“逃がし”部分になり、開閉しやすいようになってます。
この逃がし部分にヒンジとなる吊り金具を取り付けます。

20141009_006.jpg

こんな風に扉部分と壁部分を仮合わせし、壁部分に付ける吊り金具の位置を決めてピンバイスで穴あけします。

20141009_007.jpg


吊り金具を差し込んだら3つの輪の中に割ピンを挿し、ねじってから余分な部分はカットします。
使用する割ピンはメーカーによって弾性?(強度??)が違うのでワタシは比較的柔らかいレボリューションファクトリー製のモノを使ってます。
配管止めに使うなら銀河モデルかK'sモデルの方が使い易いですネ(個人の感想です)
割ピンの代わりに銅線や真鍮線でも大丈夫です。作例では真鍮線を使用してみました。

この方法は上方向に開く作り方となります。
ドアの開閉となると吊り金具を挿す方向を変えてやらないといけませんので創意工夫となります。

どの方向に挿せばいいのか?
答えを書いてしまえば“作る楽しみ”が半減してしまいそうなので、探してみて下さい。
試しに一度作ってしまえば開閉機構自体は同じなのでスグに判ります。

参考書として、小泉宣夫先生の“トロッコモデリング”という本があります。
ホボホボ100%の工作ヒントが『これでもか!』というくらいのアツイ内容です。
開閉する扉のロック機構なんかは感涙モノでしたので是非オススメです。


…多少脱線しましたが、今回紹介した吊り金具は他にもイロイロ使えます。
ワタシが一番よく使うパーツでもあるので正直“門外不出”にしておきたかったんですが(笑)
その一つとして“手すり”によく使います。
20141009_008.jpg

上の写真をご覧いただければネタバレしてますね(^^;)
ナローものを作る前は16番のペーパーキットに嵌ってたんですが、サイズが大きくなればなるほど細かいパーツでディテールアップが必要だと思います。
凸凹を付ける事で平面を立体化すると言えば大袈裟ですが、手すりを省略すると平面的になり魅力半減です。電車や電気機関車は屋根配管も同じ事が言えます。
Nゲージの完成品でも“モールド”として表現されてるのに、16番サイズで省略するのは模型としていかがなもんでしょうネ?(ブレーキ配管までヤレとは思いませんが、目立つ部分なので手すり位はネェ…全部やれ!とは思いませんがキット組み上げメーカー特製完成品とかなら尚更だと思うんですヨ。“素組み”と書いてれば別ですケド♪)
適度に切った線材を接着するだけでも見栄えは変わるので、実践されてる方も多いです(ワタシもよくやります)
個人的に“浮いている方が好き”なので吊り金具を用いた“でっち上げ手すり”を多用します(簡単だしネ)
時代設定や車種にもよりますが、古典機なんかはこの方法がソレっぽく見えるので…
この前作った“スクーデリア”のグリルガードも吊り金具だったりします(笑)

吊り金具は銀河モデルの製品名称?ですが、同形の製品は他メーカーからもリリースされているのでお好みで使い分けると便利かと思います。


では今回の工作ヒントを終わります。



追伸:前回予告しておりました電車用動力台車を使った動力ユニットは、公開まで多少お時間が…掛かります。今やりたい工作があり、コイツに仕込む予定なので記事がまとまるまでしばらくお待ちください
   m(_ _)m
ホームページへジャンプ

キロハユニ

Author:キロハユニ
商品のお問い合わせはホームページをご覧ください

(クリックでジャンプします)

暇つぶしに(^^)
by mitti0
風呂入れにゃ~
メールはこちらへドウゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも一覧

1500masaの鉄馬と鉄道

旅行と模型と日常

オイゲンの鉄道に関する??? ブログ

本宮機関区運行日誌

自遊人の妄想日記

街並みの記憶をつくる

藻庫川重工のへっぽこ製作記

枝川車両製作記

MTR的活動日誌

鉄道模型大好き人(TMD)のいろいろ
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR