バテロコを作る

9月になりようやく過ごしやすくなりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

先月、紀州鉱山にお出かけしてバテロコの素晴らしい走りを体感(正確には人車の素晴らしい乗り心地)したのがよっぽどツボにはまってしまったようで、あれ以来バテロコに興味が湧いてきました。

当初の目的は『人車を作りたいので計測』に行ったのですが
産業用蓄電池機関車(バテロコ)を間近で見学するうちに、興味がフツフツと湧いてしまい
しまいには『これなら庭園鉄道で・・・』とか無茶な考えを起こす始末(^^;)

実物は無理でもせめて模型なら…とキットものを探すと
あるにはあるケドOn18サイズ(1/48:9mm)
流石にこれ以上バラバラなサイズに手を出す訳にもいかないので久しぶりのプラ板スクラッチとなりました
(果たして上手くいくのか?どうか??)

途中経過の状態ですが結果は
20130914_001.jpg
こんな感じ(^^;)

なんだか微妙だが、見学した2トン機と4トン機を足して2で割ったような感じになりました。
実寸計算で1/87にしようとしたところ、まず軌間610ミリという時点でアウトなのでフリーランスに振る(逃げる)といういつもの手口ですが…
写真で見るとバッテリーハウスが棺桶にしか見えない(笑)
天板を平らにしなかったのが最大の要因なんですが
これには動力(モーターの都合)が天井にはみ出さないように作った苦肉の策なんです(←と言い訳しておきましょう)

では分解してご覧ください
20130914_003.jpg
動力はワールド工芸のTU-13Sを使いました。
KATOの動力台車にモーターを叩き込んだりしてパワートラックを作ってみたのですが
高さは抑えられるものの横幅が…どんなに頑張っても14ミリ程度にしか出来なかったのでTU-13Sを使いました
これなら幅は12.3ミリと約2ミリスリムになるので実寸換算約16センチスリムになります。
20130914_002.jpg
もうギチギチ一杯動力です(^^;)
ボディをどうやって固定するか?が自作車両を作る上で一番の問題なんですが…
20130914_006.jpg
バッテリーハウス内にステーを作って付属のボルスターでビス止めしました。
ただし、このままだとバッテリーハウスの天井を接着したらメンテ出来ないので
20130914_004.jpg
あらよっと
20130914_005.jpg
実車同様、観音開きでオープン出来るようにしてみました。

これでライトを仕込むとき配線処理も楽になると思います(多分)

取り敢えずボディの大部分は出来上がったのでデティール作業に入って行きます。


スポンサーサイト

バテロコを作る②

びしょ濡れになって帰宅したキロハユニでございます。
明日(今日)はオフなのでこんな時間までバテロコと格闘していました(^^;)

0.5と0.3のプラ板と格闘する事数時間で
20130915_002.jpg
取りあえずこんな感じになりました。

かろうじてフィギュアがHOサイズなので1/87に見えるかな??(どう見てもオーバースケールは否めませんが)

過日に幾つか資料として撮っておいた写真とネット画像(海外もの含め)をにらめっこしながら
切った貼ったの繰り返し、しかもL字のチャンネル材が幅広のものしか手元に無いんで
結局細切りプラ板で切った貼ったしました。

20130915_001.jpg
軸箱も作ろうかと思ったのですが、手元にアルモデルの台車枠があったので適当にカットして使いました
連結を容易にするためマイクロトレインカプラーを使ったので余計にデカく見える(泣)
雰囲気はつかめたと思うんだけど・・・・どうかな?

20130915_005.jpg
手すりがヘロヘロだわ(笑)
20130915_003.jpg
マスコンの位置で随分悩みましたが、フィギュアの向き優先でこの位置にしましたが
3トン・4トンのクラスは大抵キャブの左側についているものが多いみたい
左側の空きスペースにはツルハシとかスコップなどを乗せてスペースを潰す予定です
あとダミーでいいからライトも付けないと・・・まだまだやるトコあるなぁ~
20130915_004.jpg

前半分はこの辺りで終了となるのでもう一息といったところです。

…はみ出た接着剤ヤスリ掛けしないと


バテロコを作る③

前半分のデティールが終わったのでキャブ周りを仕上げました。
ついでに台枠にリベット表現を行って…

20130919_003.jpg
こんな感じ

リベットは0.4ミリの穴を開けてから0.4真鍮線を植え込んでカットしてからヤスリでゴリゴリ
両面合わせて58か所(^^;)
かなり直線が歪みましたがツルツルなのもなんなので(実車は割とツルツルですが)

で問題のキャブ周りは
20130919_002.jpg
マスコンの位置を最後まで悩みましたが、結局この位置に決めました。
マスコンのハンドル部分はフィギュアの手が乗っかるのでノブは付けずに平らにしてます
最低限度の配線は線材(0.3ミリ角棒)で再現しておきました

20130919_001.jpg
このヘッドライトが点灯すれば楽しいんですけど…
素直に妥協(あきらめ)して非点灯です(^^;)
人はこれを手抜きと言います(笑)

下地塗装まで終了してるのであとは本塗装→ヘッドライト点灯加工でフィニッシュ!
ゴールが見えてきました。

バテロコを作る~完成~

今宵もお月さんがキレイですね(^^)

さて、バテロコが完成しましたのでまずはお披露目でございます。
見てやって下さいマシ m(_ _)m

20130920_007.jpg
パイクに乗っけてみました。
ちなみにこのパイクの電力は乾電池2本(3V)なのでユックリ走ります。
ワールド製動力が優秀なので補重なしでも走りは安定しています。
ライトにLEDを仕込んだので見ていて楽しい(^^)です。

ようやくバテロコ編成の3分の1が出来た




なんか余計な事を言った気もしますが気にしないでください。




塗装は前回の加藤7トンと同じチッピングでサビボロ朽ち果てクン仕様にしてます。
きちゃないのがお気に召さない方は…
20130920_008.jpg
綺麗な状態をお楽しみください m(_ _)m

この綺麗な状態は、約1時間でした(^^;)
ここからチッピング→ウッシング→ウェザリングであっという間に

20130920_001.jpg
朽ち果てクンに…
なんか最近ピカピカ塗装やってないなぁ(^^;)そのうち阪急電車でやるからまぁいいや。

20130920_002.jpg
一応バッテリーハウスの蓋の裏もやっときます。
表が朽ち果てで裏がピカピカはおかしいので

20130920_003.jpg
キャブ周りはこんな感じで
消火器は必需品なので豪華?にエコーのんを使いました。

20130920_004.jpg
運転係のあんちゃんをスタンバイして、アクセサリーとしてツルハシを立てかけておきました。
走行中ガタガタ揺れて消火器を突き刺しそうだが大丈夫かな??

20130920_006.jpg
ノンスケールのフリーランス機ではありますが、ナンバーは紀州鉱山(石原鉱産)を参考に
4トン機の4号機で『404』・バッテリーハウスの管理番号は20番としました。
最後にドンくらいの大きさか?比較として

20130920_005.jpg
アルモデルの加藤7トンと並べてみました。
全長35ミリ 全幅15ミリ(バッテリーハウスは16ミリ強)
HOeとしてはオーバースケールですが、不思議と違和感の無い機関車が出来て満足です。
こうなると相棒が欲しくなります(笑)





工作MEMO

ボディ:主に0.5厚プラ板によるスクラッチ(プロトタイプはニチユ2トンF型蓄電池機関車)
使用パーツ:台枠部分にアルモデル菱形台車枠をカットして仕様
      バッテリーハウスサイド部分にエコーモデルの吊環を使用
      前部ライトは銀河モデルの250W前照灯(1608LEDで点灯仕様)
      後部ライトはKATOのC57用ライト(ASSYパーツ、非点灯です)
      消火器とツルハシはエコーモデル
      フィギュアはウッドランド製
      カプラーはマイクロトレイン#1025
      フード開閉のパーツは銀河モデルの吊り金具と割ピンで開閉可能にしてあります
動力:ワールド工芸製 TU-13S
備考:リベット表現は0.4真鍮線埋め込み・バッテリハウスの台座の突起は0.3厚のプラ板を使用
塗料:上半分…グリーン+白+オレンジ少々
   下半分…シーブルー
   前梁・後梁…オレンジ
   下地に艦艇色(ラッカー系)を塗装後ヘアスプレーでコーティング後上記塗装(アクリル)後チッピング
   




ご覧いただきありがとうございました m(_ _)m
ホームページへジャンプ

キロハユニ

Author:キロハユニ
商品のお問い合わせはホームページをご覧ください

(クリックでジャンプします)

暇つぶしに(^^)
by mitti0
風呂入れにゃ~
メールはこちらへドウゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも一覧

1500masaの鉄馬と鉄道

旅行と模型と日常

オイゲンの鉄道に関する??? ブログ

本宮機関区運行日誌

自遊人の妄想日記

街並みの記憶をつくる

藻庫川重工のへっぽこ製作記

枝川車両製作記

MTR的活動日誌

鉄道模型大好き人(TMD)のいろいろ
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR