6000系の次は7000形です

20111122_01.jpg

さぁ~て次は何を作ろうかな?

やっぱ7000形がいいかなぁ~と

6000の隣に7000を並べてニヤニヤしたいですよ(笑


という訳で7000形に決定です。



もちろんフル編成でいっちゃいます



しかも今度はナントHOゲージでいっちゃいます!



早速買ってきました!!






















20111122_02.jpg


7000形ですがナニか?


しかもフル編成ですがナニか?


ちゃんとHOゲージですがナニか?


ベースはプラモデルですけどナニか??


20111122_03.jpg

冗談抜きで真剣に取り組みます(多分)
100%プラモデル(しかもディスプレイモデル)なんですが、色々調べたら発売当初は
“エンドウ”さんと組んでシッカリした動力付きで売ってたんですって。

動力ユニットはもう既に購入済みですが、このお話に関してはまた後日にでも(^^;)


さて、プラモデルとはいえ“GM”の板キットのような感じの構成です。
ただ残念なのはプラモデル故にパーツが薄いんです。

特にボディなんかは光にかざすとスケスケです。
例えるなら、安い回転寿司のネタのように(^^;)見通しがいいです。

LEDを仕込む予定なので、この辺りの遮光対策はシッカリ考えながらの製作になりそうです。


全てのパーツをノーマルのまま使うにはチョット抵抗があったので
パンタグラフだけは別のモノを買いました。

20111122_04.jpg

ビューゲルのタイプってあんまり無いらしくマトモに使えるのはコレだけでした。
HOサイズなのでもう少し精巧なモノが欲しいですが…
これでもNサイズ車両の1両分に値するお値段です。
精巧なモノになると動力車1両分になりますので、今回はこの子を使用します。


では工作スタートです!

20111122_05.jpg

ヘッドライトと行灯の穴開け加工



以上!本日の加工終了♪


こんな調子で忘年会(運転会)に間に合うのか?
スポンサーサイト

東京都電 7000形

ひょんな事から競作になった都電7000形
競作する方はナントUCCさんだったりして

(詳しくはコチラをどうぞ鉄道模型工作日記

既に敗色ムードが漂っているような(^^;)
まぁ楽しんで行きましょう♪

さて取りあえず今の状態ですが
20111123_01.jpg

ハコにして接着部分の凸凹をヤスリがけします。

なんでマスキング?と思う方いらっしゃるかも?ですが

雨樋や屋根の段差がモールドになっているのですが
とっても薄いので、ウッカリ手を滑らしたら
肝心な部分もヤスリで削れてしまう為、保護の意味でもマスキングしました。

この状態でゴシゴシ擦ります。

ゴシゴシ…ゴシゴシ…
はぁ~(←一服)
ゴシゴシ…ゴシゴシ…
はぁ~

と繰り返しているウチに寝てしまいました(笑)

目が覚めたら出来上がってたなんて事はありませんのでアシカラズ m(_ _)m


やすってばかりだとまた寝てしまうので動力を弄ります。
使用するのはトラムウェイの路面電車・小型車両用動力装置という代物です

まぁ…鉄コレ動力のHOバージョンみたいな感じです
20111123_05.jpg

このままでは都電のボディと合体できないので、付属の床板パーツ形状に合わせて不要な部分をカットします

20111123_04.jpg

カット作業中に左手中指をデザインナイフでザックリやってしまい
血まみれの火曜サスペンス状態に

まぁそんな事はオイトイテ…

20111123_06.jpg

ちなみにプラモデルには台車レリーフが付いています

20111123_07.jpg

ほぼドンピシャで使えるのはありがたいです(^^)

さてボディはというと
20111123_02.jpg

サフを吹いたらこんな感じです

20111123_03.jpg

まぁこんなもんかな?と思います。


ちょっと動力をはめ込んで様子を見てみます
20111123_08.jpg

走行重視なので上の状態が望ましいのですが、どうしても腰高になってしまいます。
理想としては下の状態なんですが、車輪が大きいのでこの辺りは妥協しないとイケナイ部分でもあります。
解決しないといけない問題は他にもありますが、追々考える事にして…
今日の作業終了です(^^;)

東京都電 7000形を作る 2

製作中の都電7000形の進捗状況です

先ずはボディをある程度完成させないといけないので(照明の都合上)とにかくカタチにしていきます。

パーティングライン消しで削ってしまったハシゴを取り付けていきます。
使用したのは↓のパーツ達(^^)
20111125_09.jpg

なんで?N用??
と思われるでしょうが、結構使えるんですよ(ニヤリ

取り付けたらこんな感じ
20111125_03.jpg

写真が悪いのか?腕が悪いのか(両方だと思います)なんだかよくワカランです

では塗装に入ります

まずは帯の色です
20111125_02.jpg


真っ赤だと怖いなぁ指ザックリの惨劇が蘇ってきます

ここでマスキングをしたかったのですが、帯の幅は2ミリ・・・
そんなマステープ持ってないので昨日買いに行きました(^^;)

ここでちょっとした事件が起こりました

最初はジョ○シンへ→2ミリ幅だけ売り切れ
お次はボ○クスへ→やはり在庫切れ
しゃあないのでポポ○デッタへ→残り1個でした

値段も見ずにレジへ向かうと…
20111125_04.jpg


うっそ~ん


HOサイズなのでマスキングテープも高いのか??

そんな事ないですが(^^;)

背に腹は変えられないので“HG仕様”をありがたく使わせていただきます(涙

通常品とナニがちゃうのか?なぁ~とマスキングをしてみると・・・

伸びないんですけど・・・

ビニールテープみたいな感じなのでちっとも伸びない。伸びないのは幅が変わらないのでイイんだけど、段差部分で折れないからチョット扱いにくい(汗

まぁ慣れれば・・・

格闘する事、数十分。かなりイライラしながら貼ってました(笑

で、まぁナントカ無事塗装終了♪

ではチョット見てみましょう
20111125_06.jpg

おぉ~さすがハイグレード。値段の差はダテじゃない(笑
吹き込み無しでタッチアップの手間が省けました。

屋根を塗って乾燥待ちの間に動力ユニットの“寸足らず”加工をします
20111125_05.jpg

チョット不細工ですが、まぁこれで良しとしました。

そろそろ屋根乾いたかな??
今回はUCCさんと競作なので、極力UCCさんの使いそうな屋根色に近づけます。
ちなみにUCCさんの屋根色はかなりエロイんです。
初めて見たときは、むしゃぶりつきたい衝動にかられました。
聞けばマホガニーを混ぜてらっしゃるそうなので、ちょっぴり赤系のグレーに調色します。

ここでキロハユニ妄想工場特製屋根色のレシピを・・・

適当に色んな色を混ぜてグレーにして赤を足す

いやぁ~適当です(^^;)

イメージとしては小学生の図工の時間を思い出してください。
絵の具でいろんな色混ぜたら、ナントモ言えんバッチイグレーになりませんでした?
例えて言うならあんな感じの色になりました(汗
20111125_01.jpg

写真で見るとヨクワカランですが、実際は茶系のグレーになってます。
UCCさんのグレーとはカナリ違うような気もしますが(^^;)これはこれでアリなんじゃないかと(自己満足です)

では本日現在の様相です

20111125_07.jpg

さぁここから大変です。
NO PLANの照明をどうやって取り付けようか?
案ずるより生むが易しだと良いのですが…

東京都電 7000形を作る 3

ドモ 皆さん こん○○は
本日のとりあえずココまで進みましたのお時間でございます

UCCさんの動力がウラヤマシイなぁ~と指をくわえててもイッコモ前に進まんので
動力ユニットの加工に入りました。
同時に照明も考えなきゃいけないので、全然前に進みません

とりあえずこんな状態です
20111129_01.jpg

なんだかゴチャゴチャしてますね(汗

純正品でない悲しさが満開になっております

照明ユニットも作りました
20111129_02.jpg

実はコレ、丸2日くらい
あぁでもない・こぉでもないを繰り返してようやくこのカタチになったんです。



ここでチョットお勉強

LEDの点灯には抵抗を入れないといけません(^^*)
今回は室内灯をめっちゃ明るくしたかった(理由は後ほど)ので豪勢にも4個のLEDを使います。
使用する抵抗は以下のように・・・

LEDを直列つなぎで4個使う場合
LED1個で3.4V消費するので4倍します。
使用電源を12Vとした場合
12-13.2÷抵抗値=LEDに流れる電流(200mA位必要なのですが・・・)
マイナスを割り算してもどうしょうもないですよね(^^;)

それでは代わりにCRDで対応♪

元々12Vで使用するなら、直列繋ぎで4発だと電圧が足りません(泣)

素直に並列繋ぎに仕様変更するのが良いのですが、今更メンドクサイので何度も作り変えるハメになりまして・・・




そんなこんなで時間ばかり掛かってしまいました

とにかく見た目はイマイチですが(直列繋ぎバージョンはカッコよかったんですよ)ここで時間を食ってもしょうがないので出っ張ったモーターや配線を隠すケースをプラ板で作って被せます。
20111129_06.jpg

なんかTOMIXの動力みたいになりましたが(汗
これはこれでいいと思いますがいかがでしょう????

室内灯を接続する端子はNの集電スプリングを使います
20111129_03.jpg

このスプリングでモーター隠しのケースを固定する事が出来ます

で、合体させると・・・
20111129_04.jpg

見た目にはスマート(あくまで当社比)ですが問題点もあります。

20111129_05.jpg


室内の再現は、ほぼ無理かも

乗客を乗せたかったのですが、この辺りは追々考えます。

では点灯テストです
20111129_07.jpg

ナカナカえぇかんじです(あくまで当社比)

LEDを4発使いたかった(めっちゃ明るくしたかった)理由は

20111129_09.jpg

室内灯の明かりで方向幕の照明を兼用する

これが一番の理由でした(^^;)

なんとか上手くいったみたいです。

明るい状態で見てみると
20111129_08.jpg

ヨッシャ!とりあえずOKでしょう。

さて、お次はヘッドライトの取り付けですが・・・


これがまたやっかいなんですわ

もう眠気が限界なので続きは夢の中で(ぉぃ

東京都電 7000形を作る 4

11月も今日でオシマイ。
12月は7日辺りから忙しくなり模型作る間がなくなりそうなので
ハイペースで仕上げていかないと間に合いそうにありません(泣

今日も(泣)朝から暇だったので模型弄りDayになっておりました。
誰かお仕事下さい

さて、社会不適合者の戯言はほっといて(笑)

先ずはデカールを貼りました(付属のだけどね)


このデカール…悲しいくらい劣化してました

しかも物凄いブアツイ水性デカールなので
間違いなく後で苦労しそうです

デカールが定着する間にライトユニットを作ります。

20111130_01.jpg

こんな感じになりました。
LEDの周りに遮光対策として木工ボンドを墨汁で溶いたモノを添付して、周りに溶きパテを塗ってシッカリ遮光します。
熱対策なんてまるで考えておりません

20111130_02.jpg

こんな感じでボディにあてがって角度を調整します。

明日から12月なのでささやかですが


点灯してみましょう♪

20111130_03.jpg

ピカァ~☆

20111130_04.jpg


うんイィ感じですね(当社比)


さてではさっさと塗装してしまいましょう♪

エアブラシを用意してっと!
ハンドピースつないでっと!!

ここで事件発生!

コーティング用にクリアを溶いていたら、ラッカー溶剤がボディに飛んでしまいました

もうリカバリー不可能な状態に…

仕方が無いので、泣きながらタッチアップしたのですが…誤魔化しきれないと判断!

これはもう汚すしか方法がない!

慌ててアクリル溶剤に手を伸ばした瞬間・・・


ガシャン!!


塗装台からエアブラシが落下してしまいました

レギュレーター部分が根元から折れ、空気圧のメーターは破損・・・
幸いナントカ騙し騙し使えるものの…もうダブルショックで寝込みそうになりました。


買ったばかりのエアブラシ・・・ごめんよ・・・

うっすら涙を浮かべながら作業したせいでしょうか・・・

20111130_05.jpg

毎度の如く汚しすぎたみたいです

東京都電 7000形を作る 5

ヘッドライトも上手く仕込めたのでとりあえず箱組みして試運転をしてみると・・・
灯火類が点灯する前に車両が走り出します

これではチョット萎えてしまいますので、モーターの起動電圧を上げてみました。
使用したのは160Ωの抵抗です。

こいつで試験してみると、走り出し電圧が5V付近になりました。
うまく電圧調整すればアナログ常点灯システムになります

で、調子に乗ってこんな写真を撮ってみました
20111204_04.jpg

自宅の実験線は順調ですが、レンタルレイアウトだと大丈夫なのか心配になったので
日本橋にある亀屋さんで試運転したところ、快調に走ってくれます。
しかも路面電車っぽくゆっくり走ってくれるので思わず

おっ7000形のヤツご機嫌だな

とほざく始末(笑

試運転は無事終了なので次の作業に取り掛かります。


お次は乗客を作ります

作るといっても色を塗るだけです
使ったのは
20111204_08.jpg

コレです。
38人でお値段1,428円ナリ

スペースの都合上で全員はムリですがこのうち20人程に乗車していただきました。

なるべく車内にもストーリーが出来上がるように配置しないと面白くないので、最初に位置決めを行ってから人形の色を決めていきます。
元のベースが海外モデルなので、チョットイメージが違うかもしれませんが(汗)
外から見るとこんな感じです
20111204_01.jpg
もういっちょ
20111204_03.jpg

あとは“立ち客”と運転手と車掌さんを買わないといけませんネ(ナンボかかんねんやろ)

*ここで補足*

全盛期の東京都電はワンマン化されておらず、必ず車掌さんが乗務されてたそうです。また、運転席に座席は無かったそうで“立ちっぱなし”で運転されてたとの事。当時は大変だったでしょうネ




製作順が前後しますが、方向幕も取り付けました。
付属のシールを使ったのですが、これがまた劣化してやんの

透明なプラ板に張ってからボディ裏に密着させてエナメルクリアーを流し込んで接着しました。
20111204_02.jpg

ここまで順調です

では本日最後の写真は哀愁漂う尾灯でお別れ

20111204_05.jpg

現在の完成度85%です

都電7000形完成しました

皆さん こん○○は m(_ _)m

本日めでたく完成いたしました都電7000形(モデモのプラモデルHO動力化)です。

では隅々までご覧下さい
20111207_04.jpg

動力の都合上チョット腰高なのはいたし方アリマセンね(汗

一応おめでたいので?祝日ではありませんが


日の丸を掲げてみました

もちろん取り外せますよ(^^)

他にもお遊びギミックとして系統看板は着脱式にしてあります

20111207_06.jpg

20111207_07.jpg

あらかじめボディ裏に磁石を仕込んであるので、イロイロ作れば楽しいかなぁ~と思います。

32系統と27系統の2種類を作ってありますので気分で交換可能です♪

20111130_02.jpg

左の出っ張り部分が磁石です

さて、この7000形君はヘッドライトにLEDを直接差し込んであるので
めちゃめちゃ眩しいんです。
正面から直視すると網膜が焼けそうになります(大袈裟表現)

20111207_01.jpg
薄暗いとこんな感じですが、真っ暗闇だと…
20111207_02.jpg

前方のレールをシッカリ照らしてくれます。
使用したのは電球色LEDなので、光も実感的です。
このLEDは丹波黒さんに頂きました(^^)アリガトウゴザイマスm(_ _)m

ココまで明るいと妄想劇場っぽく何か一コマを


で・・・早速ですが


都電→東京→なんとなくアノ人


















20111207_03.jpg


車寅次郎様に特別出演を依頼したところ快諾という事で(笑


もうお腹一杯です


車体看板も貼り付けて路面電車っぽくなりましたでしょうか??


それでは本日最後のお写真は
乗客の皆さんを代表してお二方に手を振って頂いてお別れです

20111207_05.jpg

以上、お披露目でした m(_ _)m


ホームページへジャンプ

キロハユニ

Author:キロハユニ
商品のお問い合わせはホームページをご覧ください

(クリックでジャンプします)

暇つぶしに(^^)
by mitti0
風呂入れにゃ~
メールはこちらへドウゾ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも一覧

1500masaの鉄馬と鉄道

旅行と模型と日常

オイゲンの鉄道に関する??? ブログ

本宮機関区運行日誌

自遊人の妄想日記

街並みの記憶をつくる

藻庫川重工のへっぽこ製作記

枝川製作所の日誌

MTR的活動日誌

鉄道模型大好き人(TMD)のいろいろ
カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR